快適なキャンプのためにもキャンプ場選びは重要です。まず必須条件をあげてみよう。


 
 
 
小学生堂 TOP  > 家族みんなで楽しむキャンプ > キャンプ場の選び方 

 キャンプ場に求めたい条件

キャンプに出かけるのにはキャンプ場を決めておく必要があります。
時期、場所によっては当日行っても大丈夫なところはありますが、
子どもと一緒のキャンプでは、やはり事前に場所は予約しておいた方がいいです。
場所が決まっていると、当日何をして遊ぶのか、何の道具が必要なのか
準備もして行く事が出来ますしね。
場所を選ぶ時の条件として我が家が上げているものをご紹介します。


 必須条件1 場所
片道2時間くらい、渋滞しても3時間で行かれる所がベストかな~。
キャンプは普通の旅行と違って、テントやタープを張ったりとサイトの設営をして、
外で子ども達と遊んで、ごはんも自分達で用意してと、1日動いています。
夜もいつもの布団ではなく、テントの中でシュラフで寝ます。
気持ちもちょっと興奮していたりして、寝つきもあまりよくなかったりするし、
朝も早くから目が覚めたりと、どうしても睡眠時間は短くなりがちです。
(枕は普段の枕を持って行っています、これだけで熟睡度が全然違う!)

帰る前もサイトの片付けをして、車に荷物を全部積み込んで出発。
普段の生活の何倍も体を動かしているわけです。

しかも、我が家の運転手は夫だけなので(私は10年以上ペーパー・・・)
近場がお気楽です。
でも、3連休とかでキャンプの次の日も仕事が休める時は、
ちょっと足を伸ばして違うキャンプ場に行っている感じですね^^


 必須条件2 芝生サイト
地面が芝生のサイトばかり行っています。砂利、土のサイトの方が多いように
思いますが、まだ行ったことはありません。
なぜ我が家が芝生サイトを条件にしているかと言うと、
*柔らかくて、寝るときも困らない(パーソナルマットとか必要ないです)
*汚れが少なくてすむ (特に雨が降ってきてしまった時など、土だと大変そう・・・)
*子どもが転んでも平気 (3才の娘はまだ結構転ぶ・・・)
といった具合で、芝生サイトを一番最初に経験してしまったので
快適・お気楽キャンプを目指す身としては、芝生サイトが希望です。


 必須条件3 温泉(またはお風呂)があるキャンプ場
施設内または隣など、車ではなくて歩いていけるところに温泉(お風呂)があるところに
行っています。車はサイト内に入れたらもう帰るまで出したくないです。
多くのキャンプ場にコイン式のシャワーはついていますが、
外のシャワーって、特に子どもは洗いにくいと思います。
(家みたいに座って洗えるわけでもないので・・・)

それに、出発前から荷物を積んだり、車を運転して、ついたらサイトを用意して、
子どもと遊んで体をいっぱい使っています。夏場はものすっごい汗をかきます。
せめてゆっくりとお湯に使って、体もきれいにして、リフレッシュしたいものです。

以上のことから、我が家は場所、芝生、温泉(お風呂)の3つの条件を元に
キャンプ場を決めています。


 その他にチェックしている項目
必須条件以外にもチェックしている項目をいくつかあげます。

◆ 予約したあとのキャンセル料について
キャンプは天候に大きく影響します。予約はしたものの、当日や次の日まとまった雨が
降ると分かっていればその時は思い切ってやめたほうがいいのです。
でも当日キャンセルだと全額・前日キャンセルだと50%払わなければならないところも
あります。できれば当日、天気でやむを得なくキャンセルでも、
キャンセル料金がかからないところがありがたいですね。

ゴミについて
ゴミを出して帰れるところ、持ち帰りのところがあります。生ゴミだけ出せるところも
ありますが、生ゴミ自体はそんなにたくさんの量が出るものでもありません。
燃やせるゴミ、ビニール・プラスチック類、ペットボトル、ビン・カン、危険物、
分別すると5種類になります。5つの袋をひとつにまとめても来る時には無かった荷物が
一つ増えるわけです。
かといってシートにも乗せられないし、足元に置くものが増えます。

捨てて帰れるところ、持ち帰りのところと経験していますが、
家に帰ってからのことなどすべてを考えると、捨てて帰れるところは楽でした。
ただあまりにゴミ置き場のマナーがひどくてキャンプ場の方が気の毒に思ったことが
あります。分別をしっかりして、ゴミの置き方などもルールを守ってしないと
いけないですね。

◆ 子どもの遊ベる場所、内容について
子ども達にとって遊ぶことが何よりの楽しみ!暑~い夏は水辺があると嬉しいです。
川や池など、施設内にあるかどうかもチェックしています。
そして虫とりや魚、かになどがいるような雑木林や川があるところ。カブトムシを
見つけたり、沢がにをおいかけたり、網で魚をすくったり、自然だからこそできる経験が
できる場所があるのも大事です!



      これが必要!オートキャンプの荷物 
      アウトドア用品以外に必要な荷物
      芝生&温泉(お風呂)付きのキャンプ場情報
      鍋で炊くおいしいご飯の炊き方
      キャンプで愛用している調理アイテム  
      キャンプを快適にする12の工夫
      オートキャンプのびっくり体験談  ブヨにご用心!  
  


家族みんなで楽しむキャンプ目次→


←小学生の生活&お役立ち情報目次へ

  

HOMEへ

 

Copyright (c) 2013 小学生堂 All Rights Reserved


アウトドア&フィッシング ナチュラム

MENU
HOME
サイトMAP
入学準備を始めよう 目次
小学生の生活とお役立ち情報
小学生の生活
 家庭での生活
 ・入学してからの生活の変化 
 ・お手伝いを決めよう
 ・小学生の習い事 
 ・ファミリーキャンプを楽しもう
      キャンプに行く前に
      キャンプ場にて
      オートキャンプこぼれ話
 学校関連の生活
 ・検査&検診関係と扁桃腺肥大
 ・1年生1学期の国語のテスト 
 ・1年生の夏休みの宿題  
 ・1年生の通知表
小学生ママの知恵袋
 ・たくさんの手紙の管理方法
 ・これで真っ白!うわばき洗い
 ・急な集金に困らないために!
 ・ティッシュ、これで落とさない!
 ・補助なし自転車に乗れるコツ
 ・給食マスクを長持ちさせるために 
 ・男の子の水着の紐はゴムに
小学生ママのお役立ち情報
 ・入学準備にかかった費用
 ・ステンレス直飲み水筒購入
 ・ソフトやDVDの傷の修正方法
 ・下の前歯斜めにはえても大丈夫
 ・どこイルカお試し体験レポート
 ・キッザニアレポート(もくじ) 

 小学生ママの生活
 ・ママのための生活 もくじ
小学生堂日記